2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
昨日の続きです。


さて、これまでの室内撮りで

iPhone7 plusの被写界深度エフェクトは



透けるものが苦手らしい。



ということが分かったので、今度は外で撮ってみよう♪






綺麗に晴れた秋の空と、街路樹。

街路樹1





エフェクト機能を使うと・・・



うわっ

奥が めっちゃボケた (◎_◎;)

街路樹2

F1.8 だって?

明るいレンズになって嬉しい。

F値が選択できたらもっと嬉しい。





もうワンショットいってみよう♪

街路樹3





えっ!?  Σ( ̄ロ ̄lll)

街路樹4


枝が消えた!








今度は歩道。

歩道1






エフェクト使うと・・・

歩道2

うん、奥がボケてる。

・・・けど、

なんか不自然?

気のせい?






もうちょっと足元にフォーカスしてみよう。

歩道3






おぉ! これが一番自然かな?

歩道4


一番手前のポールを人物と見立てた感じで、

ポートレートモードの正しい使い方に近いからかな?




エフェクト機能を使うには条件があって、

被写体との距離はおよそ、


35㎝(←この数値はMatty調べ)以上
240㎝
以内。



そして、ある程度明るくないとダメ。




一眼レフとはぼかすシステムが違うから

同じ結果を求めるのは無理がありそうだけど、

これはこれで楽しい♪


条件が合えば綺麗に撮れるしね(*^-゜)b



そして、ポートレートモードがなかったとしても

iPhone7plusで撮った写真はとっても綺麗♪



昔のガラケーを思うと、

夢のようです。(←遠い目)



スポンサーサイト


コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/949-cf885db8