2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
梅雨空の土曜日、朝からHittyとお出掛けしました。



まずは、四条駅直結の古今烏丸でお買い物。


そしてランチは『AUX BACCHANALES』で。


前回行った品川店に比べるとグッとコンパクトだし通りにも面していないけど、
ちゃんとテラス席もあって、しっかりAUX BACCHANALEしてます。


静かなおひとりさま女子が多いな。。っと思いきや、
女子会が始まると一気に店内は賑やかに。


本日のお肉のランチは、チキンのレモンバター煮。

骨離れ抜群の柔らかチキンに、爽やかなレモンの香りとバターのコク ヽ(^o^)丿


2016-06-25-0.jpg




午後は四条から祇園あたりをぶらぶらと。

なんだか今日は運がいいみたい。


いつもなかなか気に入るものが見つからなくて、お買い物に出ても
収穫ゼロだったりする私なのに、今日はサンダルとブラウスをGet!


この運は神様からの誕プレかしら~(*^-^*)




という訳で、またひとつ歳を重ねたMattyの為にHittyがディナーを予約してくれました。

祇園の『山地陽介』さん。


フルネームがそのまま店名になってるフレンチって、日本では珍しいよね?


お店の入り口は。。

ネットで写真を見てなかったら気付かなかったかも(^^ゞ


看板なんて無粋なものは皆無です。


暖簾にさりげな~く 「山地陽介」。


さすが 祇園どす


2016-06-25-1.jpg






こちらのお店はカウンターの正面がキッチンで、

カウンター中央=Chef's テーブル

らしいので、カウンター席を予約しました。



厨房の皆さんの無駄のない動きが全部見えます




さぁ、期待が最高に膨らんだところで、


シャンパンで乾杯♪

2016-06-25-2.jpg


Derot-Delugny. Champagne
Cuvee des Fondateurs Pinot-Gris NV Brut

デロ=ドゥリュニー、 シャンパーニュ
キュヴェ・デ・フォンダトゥール ピノ・グリ ブリュット



2016-06-25-3.jpg


とーっても珍しいピノ・グリ100%のシャンパーニュです。


生産量は僅か3500本で、

なんと!日本には200本ほどしかないとか。






さあ、贅沢な夜の始まりです ヽ(^o^)丿






最初のプレートは、柔らかく煮た蛸とメロン、メロンソース。。。

クリームチーズとカリカリに焼かれたチーズと。。

そしてゆずの泡。。


2016-06-25-4.jpg






続いて、

茄子、蟹と、たっっっぷりの雲丹に・・・

目にも鮮やかなビーツの毛布を掛けた一皿。


ソースはまるごとパッションフルーツ。

もう、めちゃくちゃパッションフルーツ ヽ(^o^)丿


2016-06-25-5.jpg







柔らかいハマグリと皮パリッパリの伝助アナゴが、

まさかの牛ザブトンに包まれて、魚介とお肉が一皿に。



お肉は生のまま供されますが、目の前でシェフが熱いソースを!

ソースの熱で、お肉にほんのり火が入ります。

この鮮やかなグリーンは、パセリとミントのカラー。


なんて楽しいプレートなのかしら ヽ(^o^)丿


2016-06-25-6.jpg






ここで、プロヴァンスの辛口の白ワインを。

Domaine HAUVETTE Cuvée Dolia Blanc 
ドメーヌ・オヴェットキュヴェ・ドリア・ブラン 2010


ドミニク・オヴェットさんは女性生産者です。



あ、偶然シェフの
後ろ姿が写ってますね。

2016-06-25-7.jpg






次のプレートのお魚は「スジアラ」ですって。

なに???っと思ったら、


「クエだよ」 と、Hitty。


一瞬、Hittyがさかなクンに見えたのに。。


後で調べてみたら、大型のハタだった^^;

おしいっ



上に乗っているのはアーモンド。

お皿はアーモンドの粉末でメイクして、

アーモンドソースでしゅしゅしゅっとお絵かき。


2016-06-25-8.jpg





続いて・・・

お皿にアンチョビソースを くるっと回し、もう一回なぞって形を作ったら、

その上に綺麗なお野菜達を美しい配色で並べて。。


ハモの上にはキャビアをたっっぷりと。


そして、真ん中には・・・

アメリケーヌソースの泡!

大好きなアメリケーヌソースが、ってとこが新鮮♪



このハモも、いつものハモと全然違ーう!

肉厚でふっくら、かつ しっとりしていて最高でした。


難しい骨切りは、某和食の名店で10年修業した方が担当されているとか。

2016-06-25-9.jpg



ところで。。

赤ワインをボトルでいただいたのに、うっかり写真撮ってなかった(^^ゞ

BOURGOGNE ROUGEなんだけど、生産者が分からない

残念!(>_<)





いよいよお肉のメインは、先程のザブトンを厚切りで。

お肉のお供には、パイ生地、フォアグラ、そして・・・


トリュフの量が
ワンダフォー ヽ(^o^)丿




やや厚切りの大きめトリュフが3枚は乗っていたでしょうか。


お肉:フォアグラ:トリュフ 
の比率がワンダフォー。



2016-06-25-10.jpg






そうそう、

カトラリーはね、クチポールなんだけど。。

このナイフレストは???

本物の枝だよね??



訊いてみたら、ゆずの枝をウレタン加工したものだそうです。

ナイスアイディア♪


2016-06-25-11.jpg






フロマージュのちょこっとずつ4種盛り合わせ。

まだBOURGOGNE ROUGEが残っていたし、おかわりしたかった(^^ゞ


2016-06-25-12.jpg






そのあと、デザートプレートが準備されていく様子を眺め。。

そろそろかな・・・  って時、




背後から、オルゴールみたいな音でバースデーソングが!



なに?  なになに???



私だけ、他の皆さんと違うデザートプレート


2016-06-25-13.jpg


Hittyが予約した時に、お願いしてくれたみたい。


このプレート、私達の背後でシェフが描いて下さったそうだけど、


まったく気づきませんでした。



カウンター越しに、シェフの一挙手一投足を観察していたはずなのに。。


いつの間に背後に!? 





カウンターの向こう側から、写真も撮っていただいちゃった。

Hittyの前の茶色いプレートが通常コースのデザートプレートです。

2016-06-25-14.jpg






そして、エスプレッソが、こんな器に。

2016-06-25-15.jpg




気付けば、入店から3時間経ってる!?

フルコースってだいたい2時間くらいじゃない?
早食いHittyと一緒だと、もっと早く終わっちゃったりするのに。


ほんとビックリ!


あっという間の3時間です。

特に待たされた覚えもないのに。。


ワインやお料理についての解説が詳しかったし、

お料理の合間にも話しかけていただいたからかな?


贅沢で楽しい3時間でした。


スポンサーサイト


コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/922-53c90da1