2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
さて、昨日勃発した排水の陣の原因を突き止め洗濯機を復活させる為、

早速、修理の方が来てくださいました。


今回は、購入後3年4か月目の故障なので無料修理の対象です。

ヤマダ電機の無料長期保証(5年)制度があって良かった(*^。^*)ホッ



故障時の状況を再確認しつつ、速やかに作業に入りました。

洗濯機の足元のネジを、ダルルルルルッ

っと外し、なにやら中から取り出したら、


故障原因判明



「やっぱりね(*^-゜)b」って表情のサービスマン。



洗濯機の中身


洗濯機の排水口って、普段は水を溜めるために栓がしてあるんだけど、
排水の時だけその栓を引っ張って排水口を開けるんだって。


で、その引っ張る腕ちぎれて下に落っこちてた。


洗濯機の頭脳は栓を引っ張っているつもりなのに、腕が無いので空回り。

結果排水できないから 『C1(排水エラー) ってことになる。


原因が分かれば修理は簡単。 排水弁を取り換えるだけです。



しかし・・・

購入後、たった3年4か月でちぎれる部品ってどうなの?

また3年後に同じ状態になったら面倒だし今度は高い修理費用が掛かる。



そんなの困るっっ



「壊れるには早すぎるし、リコールにはならないんですか?」

って聞いてみたけど、この期間で壊れるケースはそんなにないそうで。。。


でもね、だいたいね、

洗濯の度に何度も排水するってことは、その度に排水弁を引っ張るってことでしょ?


そんなにしょっちゅう負荷のかかる・・・

めっちゃ頑張ってる


腕の部分が華奢なプラスチック製


っていうのはどうなの?


わりと早い時期に千切れるだろうことは予測できるよね?


もしかして、わざと壊れやすい部品とかにしちゃってるんじゃないの?

・・・なーんて勘ぐりたくもなるレベルの細腕でしたよ。 あの排水弁。


今度は長持ちしますように☆


スポンサーサイト


コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/852-2fad7292