2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
父が入院している病院に行ったら、凄いキャラを発見しちゃいました


そもそも私の父はかなり お騒がせ ユニークな性格なので、看護師さん達に ご迷惑 ご心配をおかけするのではないかと懸念し、ナースステーションへの差し入れ(チョコレート)などを用意した母&Mattyでしたが。。

今日初めてお会いした患者さん(Nさん)は・・・・もっと・・かも!?

Nさんのお歳は父よりも5歳年上。 付き添っていらっしゃった奥様は母と同学年。
ご挨拶した当初は、お品が良くて穏やか?な美形の紳士でした。


それが、父との会話が始まって数分後・・・・スイッチ オンっ !


・・・っていうか、 着火! 




も??、 走り出したら止まらないぜっ 


病院スタッフが挨拶に来ようと 医師が説明に来ようと・・・
お構いなしでノンストップのマシンガントーク

全く相手にされない病院スタッフは 「後でまたご挨拶に伺いますね」 と苦笑いでフェードアウト。

Nさんの検査結果を説明にいらした主治医には・・・・
 「私の身体は私が一番良く知っている! 検査結果なんか聞く必要はないっ」

そして、奥様に 「お前だけ行って聞いてこいっ」 と。

奥様だけをナースステーション内(レントゲン写真を見られるスペース)に行かせてから、父との会話は更にパワーアップしてました。
完全にお友達状態です。

それにしても、Nさんのレントゲン写真は凄かった。(←Matty 見ちゃいました)
内蔵・・・・・ほとんど無いし。 度重なる手術でそんなことになったそうです。

それでもあんなに元気! 内臓ってちょっとだけあれば元気に暮らせるんだなぁ。。
なんて錯覚してしまいそうですが、昨日緊急入院されたところを見ると、やっぱり大変なんですね。

とりあえず、入院中のお友達ができたかな。


スポンサーサイト

気力も大事
やはり、気力も大切なんですね。
病気に負けてたらいけないんですね。

お話を伺う限りでは
Mattyさんのお父様も「気力」大丈夫そうですね。
from:すもも URL  2007-03-26 Mon  [ Edit ]
ホントにそうですね
今日、Nさんに 「ホントにお若いですね~」 って言ったら・・・
満面の笑みで 「気合いです!」 とおっしゃいました。

父も 「あと30年は生きる!」 ですって (笑

二人とも、とても入院患者とは思えないほど気迫に満ちているように見えます。
from:Matty URL  2007-03-26 Mon  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/57-03bc9c03