2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
突然ですが。。。 イクラを育てることになったMattyです。


イクラって、そう。 あのイクラです。
お寿司だと軍艦巻きになってるやつね(*^-゜)b
美味しいよね?(*^。^*)  私の大好きな食材です。

その、今まで食材として認識していたイクラを、なぜ育てることになったのかというと・・・・ 
Hittyが勝手に引き受けちゃったからです。

イクラを立派な稚魚に育てて川に放流しようという計画なんだけど、これが結構大変。

その為に、大きな水槽・ろ過装置・エアーポンプ・水温計・底石・餌などを自分で用意しなきゃいけないし、水温や水質の管理、水槽の置き場所にも気を遣うし、稚魚が生まれたら4時間に1度餌やりしないといけないのです。

上手に育てても半分以上は死んでしまうそうで、ヘタしたら全滅させちゃう可能性も?
自信ないな???? という訳で、去年はお断りしたんだけど。。。

今年はHittyが引き受けてきちゃったのです。
引き受けちゃったからには問答無用です。

Matty、全力でイクラちゃんを育てたいと思いますっっ!
完璧な タイ子さんになってみせるわっ 
 (鼻息ビュービュー)



Hittyが『鮭の飼育』を引き受けたことを告白したのが1月2日の夜。
その翌日には水槽セットを買いに行きました。
イクラちゃんのお部屋
     こちらが『イクラちゃんのお部屋』です。→

テトラの観賞魚水槽セット。
水温計と底石は別に購入。

水温計



水槽は玄関の靴箱の上に置きました。

15℃以下で、できるだけ温度変化が少ないのが理想。
現在の水温は12.5℃です。 
もう少し低い方がいいかも? 


オートワンタッチフィルター



ろ過装置とエアーポンプの役割を兼ねているのが

   こちらの『オートワンタッチフィルター』
イクラちゃんを入れる数日前から稼働させて、
水中に十分な酸素を送り込んでおきます。



白い底石

底石は、稚魚のベビーベッドになるんだって? ^m^

孵化したばかりの稚魚はあんまり動けないので、
石の間に横たわって大人しくしているそうです。



さて、後は水槽内に光が入らないようにカバーを作れば準備OK!
(直射日光を当ててはいけないらしい)

イクラちゃんを引き取りに行くのは1月8日(木)です。



スポンサーサイト


コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/415-8a47c786