2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
昨日の続きです。

今日は母の授賞式&祝賀パーティー。
会場は美術館からも近い、六本木のANAインターコンチネンタルホテル。

母は自宅から電車で、私はホテルからタクシーで待ち合わせ場所に行ったんだけど。。。

このタクシーの運転手さん、道 知らなかった^_^;
めちゃくちゃ近いのに・・・ 超メジャーなホテルなのに・・・・
田舎から出稼ぎに来てる人だったのかな?お国なまりも明らかだったし。
なんとか場所を説明(カーナビも使用)し、ホテルが見えてきたところで

運転手さん 「あれですか?」
Matty    「そう! あれです!」

なんとか到着。。。 っと思ったらっっ

あれ? 正面玄関通り過ぎたよ・・・・

横の小さい入口も過ぎようとしてる?・・・
っつーか ホテルの駐車場に向かってないか!?

Matty   「ちょちょちょっとっ どこまで行っちゃうんですか!?」(←焦ってる^_^;)
運転手さん「あ、この辺でいいですか?」

この辺でって・・・・・・・・・^_^;
普通 正面玄関に着けるでしょう。
なんで地下駐車場の入口で降ろされるかなぁ。。

まぁいっか。とりあえず、母との約束の時間より早めに到着。

B1のボールルーム前で待ち合わせしていたので行ってみたけど母の姿はなく、ロビーに戻って携帯ならしてみたけど出ない。
何度かけても出ない。
約束の時間をとっくに過ぎても・・・・携帯に出ない母。

時間指定で私を呼び出しておいて携帯にも出ないなんて・・・・
いつもは約束の時間より早く来る母なのに・・・・・何かあったのかな?

事故?事件?大丈夫?・・・   すっごく心配しちゃったのにっっ

私が最初に携帯鳴らした時から45分後くらいに、母から着信!
母 「どこにいるの??」

ノンキな声です^_^;

あー、心配なんかする必要なかったね。
たまたま会った初対面の人との会話が弾んじゃって、私のことは忘れてたらしい。

いや、私を忘れたんじゃなくって、携帯を手元に置くのを忘れてたのね。
バッグの中で携帯鳴りまくり??? でも聞こえてな?い!  みたいな。

「もうすぐ娘が来るはずなんだけど、ここで待ってればいいわね」なんて言ってたみたい^_^;
でもそこ、待ち合わせ場所じゃないし^_^;

まぁ、授賞式が始まる前に会えたからよしとしましょうか。

でも、そんなこんなしてたから授賞式会場前は記念撮影の人達で込んできちゃった。
ガラガラに空いてる時間に到着したのに並ぶハメに。。
授賞式会場前にて
お花の前で写真を撮ったら、会場へ。

賞状を頂く関係で母には指定席が用意されていたけど、私は後ろの同伴者用自由席でした。
檀上に上ったところの写真を撮るように頼まれていたので同伴者席の最前列をキープ。

賞状を授与される順番は、文部科学大臣賞とか外務大臣賞とか・・・・
なんだか凄そうなのを受賞した人が先なので、母の順番がくるまでは、他の同伴者の撮影っぷりを研究。
そして、審査員の先生方までばっちり写せるベストポジションを発見しました。

母の順番がやってきて席を立ったのが見えたら私も即座に撮影のベスポジをGet!
そう、その姿はまさしく・・・・
『幼稚園のおゆうぎ会で我が子の姿を撮影しようと張り切る母』でした(^^ゞ
いつのまにやら立場逆転です。

私が一番前に陣取ったので、振り向くと後ろには他の受賞者のご家族がズラリと並んでカメラを構えてた。

そしてなんとか、いいアングルで撮影成功!
あぁ、これで肩の荷が下りた?(*^。^*)
明日は母のお仲間が企画してくれた「S画伯(←母のこと^m^)の作品を鑑賞し、フレンチを楽しむツアー」があるので、その時私が撮った写真を見せたいって言われていたのです。

私が写真を失敗したらガッカリさせちゃうところでした。


さて、授賞式も無事終わり30分ほど休憩したら、今度は祝賀パーティーです。

自宅が近い人達が同じテーブルに着くようになっているらしく、私達は東京と神奈川のテーブル。
他の受賞者の方やそのご家族と楽しくおしゃべりしながらのお食事は美味しかった?♪

そのうち抽選会が始まって、他のテーブルの人達がどんどん商品を受け取っていくのに私達のテーブルからは当選者ゼロ。。
私の隣の人なんて、「まだ呼ばれないな?まだかな?」ってずっと楽しみにしてたのにね^m^
クジ運の悪い私が同席したから・・・・ ってことはないと思うけど(^^ゞ

そして、大賞作品の講評が始まりました。
受賞理由の説明・・・ なんだけど、理解できる部分とともに意味不明な部分もあって・・・
「すみません、次は日本語でお願いしますっ」って言いたくなるくらい難しい表現も含まれました。
絵の世界は奥が深いのだ。。^_^;  ブラックホールなみ。

パーティーが終わったら、タクシーで国立新美術館に大移動。
美術館では審査員の先生方に自分の作品を講評していただけるチャンスが!(希望者のみ)
母は他の人の作品を講評中の先生に質問してたけど、快く説明していただけました。

いくつかの作品講評でお勉強したら、流れ解散。 お疲れ様でした?(^^)/~~~


***最後にちょっとマメ知識***

国立新美術館から赤坂通りを通って赤坂方面に行きたい場合、西門や正門から出るよりも乃木坂駅のホームを通過するのが近道です。
その際、美術館からは(6番から入って)5番出口しか出られないので改札で「2番(または1番)出口から出たい」と言えば清算済みの切符を無料でもらえますので、その切符で自動改札を通ります。


スポンサーサイト


コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/342-8523f840