2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
アボカドン1
最初に種蒔きを始めたのはいつだっけ・・(・・?

何度も失敗を繰り返し、現在5本が育っているアボカドです。
“5”といえば5レンジャーを思い浮かべるジェネレーションなので
アボカドンにはそれぞれニックネームをつけて可愛がっています。

今回は“アボカドンレンジャー@Blue&Pink”のお話。

まず、写真左側のPink。
2005年の夏に食べたアボカドの種で水栽培を開始し、その年の冬には完全に枯れたと思い込んで庭の隅に出しっぱなしにして雪まみれにしていたのに 春に復活した “奇跡の子” 。

そして、右側のBlueは翌年2006年春に栽培開始(多分そうだったと思う・・(^^ゞ)。

なのに、Blueの方がず?っと大きくって、葉っぱも沢山茂っていますね?

これはなぜかっ!?


私は専門家ではないので詳しいことはわからないけど、Pinkについて考えられるのは・・・


1.幼苗時の成長が悪く、明らかに枯れたと思われる程衰弱したため、その後の成長にも影響が出た。

2.枯れたと思われていた期間十分日光に当たれず、ひょろひょろ徒長した。


そして、沢山の葉が生い茂るBlueについて考えられるのは・・・


  バッタに摘心してもらった。    ってことのみです。


BlueはRedほどの成長力はなかったんだけど、地道にすくすくと育つアボカドンだった。
それがある日、今まさに開こうとしていた新芽を根こそぎ食べられちゃったのです。

Mattyは目撃した!

今年の猛暑日、仕事から帰って庭のBlueの様子を見た時・・・・

巨大バッタが・・・ Blueを・・・・・・


頭からむしゃむしゃ食べてたーーーーーーっ!Σ( ̄ロ ̄lll)


慌てて追い払ったけど 時 既に遅し。。
せっかく大きくなろうとしていたBlueは心止めされてしまったのです。

あ?ぁ。。  早く大きくなって お花を咲かせてほしかったのに。。

バッタにめちゃくちゃにされた葉っぱを取り、新芽の伸びていた幹の先(?)もハサミで綺麗にカットしました。

そして室内に保護。


すると どうでしょう?(*^。^*)

アボカドン2
切った部分から沢山の枝を出し、みるみる新芽が吹き出しました!

心止めしてしまったらその後の樹高は決まってしまうんじゃないか
と心配したのに、ちゃんと大きくなってるみたい^m^

観葉植物としても、この時期に葉っぱが沢山あるのは嬉しい♪

このまま開花までいけるかな?

食い散らかされた時はバッタを恨んだものだけど・・・

結果オーライだねっ(^^♪


スポンサーサイト

なんとっっっ(゚ロ゚屮)屮
いじめた方が育つのっ!!Σ(゚艸゚;)
バッタなら庭にたくさんいたかも・・

でもEtty、前回Mattyの影響で育てたアボカドン
すでに消え去ってるし・・(-_-;)

芽が出ないやつも
捨てないでいると春に芽が出るって

Mattyのコメント見た頃には

捨ててたし・・(T∇T)

アボカドはしょっちゅう買うから
またチャレンジすればいいやーという
軽はずみな気持ちが

きっと伝わっちゃったのかな~・・

もっと愛おしく念じて育てるわ。。。
from:Etty URL  2007-12-16 Sun  [ Edit ]
いやぁ・・(^^ゞ
いじめた方が育つわけじゃないんだけどね。。^m^

多分、ちょうどいい時期にバッタが摘心してくれたんじゃないかなぁ~
あのままだったらまっすぐ背が伸びただろうけど、心止めしたことで枝葉が増えて見栄えがよくなったかなぁ~って。

そうそう、なかなか芽が出ない種は土に埋めて庭に出しておくと、いつの間にか発芽したりするのよ。
今のところ、家では発芽率100%です(発芽に数か月かかったこともあるけど)。

とはいえ、完全に枯れちゃったのもいくつかあるよ。
1株がタンソ病にかかったと思ったら、次々に空気感染して4株枯れちゃったことが。。
その時の生き残りがPinkなの~(*^^*)

つまり、病気にならない限り、発芽しなくても葉っぱが全部落ちちゃっても、生きてるんじゃないかな。

気長~に、可愛がって育てようね~(*^。^*)
from:Matty URL  2007-12-16 Sun  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/216-835411eb