2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
昨日のDiaryを書いていて思い出した昔の話です。


私がまだ大学生で実家に住んでいた頃の事。
8:00pmくらいに電話が鳴ったので出ると・・・


Matty   「はい。  もしもし?」

(当時↑イタズラ電話が酷かったので、あえて名乗らないようにしていました。)

電話の人 「あ?、お父さんだ。今△△(←Matty実家の最寄り駅)に着いたよ。」

・・・・・明らかに父の声ではありません。
そもそもうちの父は自分を「お父さん」とは言いません。「お父様」です。

Matty   「え? あの・・」

(私が「おかけ間違いではないでしょうか?」と言う前に・・・↓)

電話の人 「いや、お母さんにそう言ってくれればいいから。
                すぐ帰るから。言っといてね。 じゃっ!」


・・・・・ 電話、切っちゃったよ^_^;

あーあ。 せっかくカエルコールしたのにね。 電話番号間違えちゃってるし^m^
帰宅してから・・・「なんで電話しないで帰ってくるの!」って、お母さんに怒られたかなぁ。。
そして、お嬢さんに「お母さんに伝えてくれなかったの?」なんて言っちゃったのかな??
で、「聞いてないよ!」って、お嬢さんからも怒られた?^m^

お父さんって、一緒に住んでる娘の声もわからないものなのかな。

『思い込み』 ですね。 自宅に掛けたと思い込んでいるから、見ず知らずのMattyの声を、自分の娘の声 と信じて疑わなかったんだね。


こういう自宅への掛け間違いって、今ほど携帯が普及していなかった時代ならでは。


携帯が一般化してからは、また別の間違いが。


携帯にかかってきた 『思い込み間違い電話』 で印象に残っているものといえば。。。




見知らぬ番号から携帯に着信アリ。 でると・・・


電話の人 「加藤君は?」 (←いきなりイライラモード)

Matty   「はい? 加藤君?」

電話の人 「加藤君の携帯だろ!?   君は誰だ!  (←なんか、超怒ってる)

電話の人 「どうして加藤の携帯に女の子が出るんだ!」 (←めっちゃ怒ってる)


 「君こそ誰だっ!?」   と言いたい。


Matty   「これは私の携帯です。加藤さんという方は存じませんが。」

そこで初めて、自分が間違い電話をかけた事に気付かれたようで・・・

「それは大変失礼しました」 と。


思い込み って、怖いですね。
相手を確かめもせず、怒っちゃうんだ。。

でもって、『加藤君』宛ての電話は、その後数回ありました。いろんな人から。

加藤君、数人に 間違った携帯番号教えたでしょ^m^

私は『加藤君関係者』の方々と会話をしたけど、『加藤君本人』とは一度も話していません。

間違った番号がMattyのだったから良かったものの、悪用される可能性もあるよ! 加藤君!



嗚呼   間違い電話。危険なり。



スポンサーサイト


コメント非表示
TrackBackURL↓
http://mattyandpatty.blog66.fc2.com/tb.php/181-1dc51f7c