2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月末頃から発症し、激しい頭痛に悩まされた帯状疱疹ですが、ある朝すっと痛みが消えました。


前日まで少し痛かったのに、2月19日は朝から無痛 ヽ(^。^)ノ

少し様子をみましたが、あの ズッキーン っていう痛みは完全になくなったようです。


結局、ファムビルを服用したのは2月3日から9日までの1週間。

ロキソニンは2月3日から10日まで服用しました。


その後の痛みは我慢です。 (>_<)


後遺症の帯状疱疹後神経痛にならないためには我慢しちゃいけないらしいけど、あんまり長期間

薬を飲むのもなんだか嫌だしね。


結局、ロキソニンの服用を止めてから9日目に無痛になりました。
痛みの後遺症が残らなくてよかった (*^。^*)


あとは、顔に残った真っ黒いカサブタと、カサブタが剥がれた痕の赤みと凸凹が治るのを待つのみです。

完全に治るかどうかわからないけど・・・


早く目立たなくなりますように。


スポンサーサイト

『帯状疱疹って・・・痛い(>_<)その1』 の続きです。



調べれば調べるほど。。。

『今、私は帯状疱疹に罹っている疑惑』 が濃厚に。



金曜日にもらった薬は全く効かないどころか、湿疹どんどん増えてるしっっ

最初痒くて、その後ピリピリと痛んでいたおでこのあたりにも湿疹発現。

金曜日までは痒いだけだった右瞼の二重の内側?目のキワにも、眉毛の中にも湿疹。

頭(地肌)の湿疹もどんどん増えてるっっ



関係ないかもだけど、右目に物もらいらしきものが3か所できました。(←早めの目薬で治癒)

そういえば、病院に行く2日前から2日連続で右瞼の痙攣がしばらく止まらないこともあったっけ。

これらも帯状疱疹を発症するキッカケになるとされる 『疲れ・ストレス』 が原因かなぁ。 



そして、いよいよ激しさを増してきたのが頭痛です。



右側の頭が     ズッキーーーン! Σ( ̄ロ ̄lll)  



帯状疱疹疑惑がなかったら、くも膜下出血を疑いたくなるくらい。




初診の翌日は土曜で休診だったから次は月曜日に来るように言われたけど、今思えばあの時、



別の病院に行けばよかった。



とにかく帯状疱疹っていうのは発症してから72時間以内に抗ウイルス薬で
ウイルスの活動を抑え込む(殺す力はない)のが、後遺症を残さない為にも重要。


特に、私のように目の周りに疱疹が現れた場合、処置が遅れて悪化すると

最悪失明することもある らしいのです。


金曜日の初診の時点で抗ウイルス薬を処方されていたらもっと軽くすんだかも知れないのに。。。。




後悔先に立たず。





総合病院が外来受付している土曜の午前中を逃したため、結局 月曜の朝イチに再診。



この顔を見ればソッコーで抗ウイルス薬7日分を処方してくれるかと思いきやっっ




まーだ疑ってる?

水疱が目立たないのが気に入らないの?

そういう症例もあるってよ?

目立つ大きな水ぶくれが無いこと以外、完全に帯状疱疹の特徴に一致してるでしょ?



私の説得により(?)やっと抗ウイルス薬を処方する気になったと思ったら、



「じゃあ、今日明日の分を出しとくから明後日また診せに来て」



はぁ?



抗ウイルス薬は7日間きっちり飲むのが基本なことくらい、こちとら先刻お見通しでぃっ

とっとと7日分出しやがれっっ 



・・・と、心の中で白目を剥きつつ、

「頭痛が酷くて通院がつらいので、7日分いただけないでしょうか」 と頼んでみたけどダメでした。



「お気持ちはわかりますが、この薬は分けて出すって決まってるから」


誰が決めたんですか?



結局、水曜にもう一度受診することに。





しかーもっ!

薬を受け取った時、まだ9:30amくらいだったのに、昼食後から服用するよう言われましたが。。。


この薬は食後服用にこだわらず、診察後すぐに飲むべきだって おくすり110番 にも載ってるよ。


とにかく早期服用が肝心なのに、お昼まで待つなんてナンセンス!

抗ウイルス薬の服用が遅れたせいで悪化したらどうしてくれるの!?


というわけで、すぐに服用しました。






そして残りの薬を売ってもらえる水曜日は、  大雪 。





行きたくない・・・  でも、行かないと薬がないっっ (←別に中毒じゃないです ^^;)





ノーマルタイヤでの走行はものすごく危険な状態だったけど、距離的に近いので徐行で病院へ。

病院の駐車場は全く雪かきしてなかったから適当に突っ込んでから見回したら・・・

先生の車だけ綺麗に除雪してあるんですね。 

除雪の優先順位、間違ってませんか?



やっとの思いで診察室へ。

最初に発症した部分が黒いカサブタに変化してきたのを見た、先生の一言にびっくりです。



「ほんとに帯状疱疹だったんだねー」



だから、 最初からそう言ってるじゃないですかっっ




約束通り、残りの日数分(全部で7日分)のファムビル(抗ウイルス薬)は出してもらえましたが、

強い痛みを訴えたにも関わらず、痛み止めは処方されませんでした。



痛みを我慢し続けると後遺症が残りやすいそうですが。


他の病気の時に飲み残した(病院で処方された)ロキソニンをたくさん持ってて、本当によかった。




そして、帰り際に、


「熱が出たら要注意ね」 とおっしゃる。


「要注意って、どうすればいいんですか?」
 


その場合は他の病院を紹介するっていうけど・・・  お宅、明日も休診ですよね?

熱が出たら、自力で他の病院に行きます。


この病院はいつも空いてて時間がない時に便利なんだけど、人気がないのもわかる気がする。



そして本日、ファムビルとロキソニンを7日間きっちり飲み終えてから3日目、

最初の湿疹を意識してからは、2週間ちょっとになります。

2月5日からは、傷んだ神経の修復効果を期待してビタミンB12も服用。



鎮痛剤であるとともに解熱剤でもあるロキソニンを飲んでいたこともあり、熱は出なかったし、

悪化したらすぐに気付けるよう疱疹の動きをびっちり観察しながら安静を保ち、角膜も無事でした。


強烈だった右側頭部の痛みは徐々に落ち着いてきたものの、まだまだズキっと痛い (>_<) し、

真っ黒いカサブタが特殊メイクみたいだけど、ウイルスの活動は止まったようです。

もう体内には薬より強力な『免疫』ができてるから、抗ウイルス薬も必要なし。



でも、この疱疹痕に日光が当たるとシミになるんだって? 

顔だけに、十分気をつけなくちゃね  φ(..)メモメモ


あと、この頭痛が早く治まるといいんだけど。。。

3か月以上痛みが続くと、後遺症の帯状疱疹後神経痛(PHN)と診断されるようです。


ってことは、後遺症と診断されなくても3か月近く痛いこともあるの?????



やれやれ。。(-_-;)


痛みが消えたら追記することにします。 



*****以下、追記*****


2月24日のDiaryにつづく。  

先月下旬のことです。



なんか、   頭 ・・・いたっ (>_<) 


と思った日があったけど、単なる頭痛と思い 放置 (←これがプロローグであったと後に判明)




数日後、右のこめかみあたりに細かい湿疹かニキビみないなのがポチポチできたけど放置。


すると、こめかみのニキビ中心部がなぜかクレーターみたいになってどんどん大きくなってきて・・・


なんだなんだ!? 


と思ってたら、右の眉毛と目頭の間の直径1cmくらいの範囲に細かいピンクの湿疹発現。

クレーターみたいな患部と目の間にもピンクの湿疹群。



そして、痒いっっ



顔の右上半分が痒くなってきて・・・  


おでことかまぶたも・・・右側の頭(頭皮も)。。。 



     あ”ーーーっ  Σ( ̄ロ ̄lll)



その頃には最初のクレーター付近が赤く腫れ上がってきちゃって、ちょと普通に外出できない顔に^^;

夜寝る時に右側を下にしちゃうと痛いし、顔が痛いって何事!?


そろそろやばいかも?  ってちょっと怖くなりだしたころ、

私が髪を22cm切った時も気付かなかったHittyが 「病院行った方がいいんじゃない?」 と。


そうだよね、やっぱ目立つよね、この顔^^;



それでやっと決心がついて、翌日1月31日(金)、朝イチで近所の皮膚科へ。





上記の経緯を医師に伝えると、


「藪に入った? 虫に刺されたりした? 山の中で葉っぱに顔が触れたりした?」




どれも覚えがないと言うと、

「なんかこう、顔の右側に葉がふわーっと触ってカブレた・・・ と思いたい。




えーっと、

「思いたい。」   って、なんですか?

先生の希望は聞いてませんけど? ^^; 



葉っぱでカブレたなんて絶対にあり得ないというと、今度は

「原因はなんでもいい。 薬は一緒なんだから。」


ああそうですか。



とにかく、赤く腫れ上がったこめかみや瞼の湿疹、それから右側の顔から頭の痒みを

抑えるお薬を下さい。





間違った処方
       で、処方されたのがこちらのお薬です→



こめかみやおでこ等、目から離れた場所にはロコイド

瞼や目尻付近にはプレドニン眼軟膏


そして、かゆみ止めに、アレグラ60





じゃっ、そういうことで。


と診察が終わりかけた時 「一応言っとくけどぉ」的な感じで付け足された言葉に驚きました。




医師 「まぁね、確率は凄く低いとは思うけどね、帯状疱疹かも知れないね」





帯状疱疹? 

あの、雅子様がお罹りあそばしたという?(←帯状疱疹に関する当時の知識のすべて)



訊くと、顔の神経は3つに分かれていて、私の湿疹はその1つの範囲に集中していると。

確かに、右目あたりから上、そして頭から首筋までの右側にしかできてない。


帯状疱疹の特徴らしいじゃないですか。

しかも、細かい水ぶくれっぽい部分もある。



ところが、です。



このお医者さん、「でも、帯状疱疹っていうからには水ぶくれができてて欲しい  と。


腫れ上がってるこめかみ部分、クレーターになる前は小さな水ぶくれっぽかったと思いだし、

眉毛の下もちょっとそんな感じになってきてるって伝えたけど。。

帯状疱疹なのでは? って言ってみたけど。。。



「これは水ぶくれではない」 と言われ、 更に、



「もし帯状疱疹だったら、今日出す薬は全く効かないから、また月曜日に診せに来て」
 と。




若干の不安と不信感を胸に帰宅し、帯状疱疹について猛烈に検索しまくった私です。





『帯状疱疹って・・・痛い(>_<)その2』 につづく。。。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。