2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この季節にしかいただけないお料理があります。

10月から3月末までしか営業しないお店があります。



早く行かなきゃ、今年もまた行きそびれるよー!

ってんで突然思いついて予約を入れ、久しぶりに行ってきました 『かき末』さん。


お品書き






牡蠣のわさび和え
まずは定番の定食を二人前オーダー。



いっぱい頼みたくなっちゃうけど・・・

今日はHittyと二人なのであんまり
注文しちゃうと食べきれない。



で、土手鍋までのつなぎに

ビールと牡蠣のわさび和え。


続いて当然のように白ワイン。






定食に含まれる酢物↓ と                       土手鍋用生卵↓


酢の物と牡蠣鍋用の卵






土手鍋はぷりぷり牡蠣がた~っぷり!(ひと鍋作った後でさえこんなに↓) 

牡蠣たっぷり!






二人用の小さいお鍋ですぐ煮えます。

味噌味がしみた牡蠣を生卵につけて・・・・      まいう~~~


すぐ煮えます






ハフハフしてる間にカキフライ到着。

 一人前でこのボリュームです!  

   もうすでに・・・・おなかいっぱいっっ

ボリュームたっぷり牡蠣フライ




ザ・お釜



おなかいっぱいなのにーーーーーー

      お釜登場。










ふたを開けたらふっくら炊きたて牡蠣飯です。


ふっくら炊きたて~







このお店のお作法がこちら↓

牡蠣飯のお作法


牡蠣飯に海苔、その上にわさびを盛り、お出汁をかけていただきます。



牡蠣の塩辛
←こちらは最初に注文しておいた
牡蠣の塩辛。


牡蠣ご飯によく合うわーー


あれ?

さっきはあんなにおなかいっぱいだったのに・・・

一人3回おかわりできる量なのに・・・

えっ    うそっっ




いつの間にか完食!!!!!!!!


いや~、かき末さんで完食できたのは初めてです。

食べきれないご飯はお持ち帰りするのが定番だったのになぁ。



お会計の時、やっぱりお店の方に聞かれました。


ご飯召し上がりました? 残っていたら折に入れますよ と。


Hittyの 「全部食べちゃいました(笑) 」の一言に、板さんも大喜びさぁ。




ごっつぁんです。




スポンサーサイト

大雪です! 2012-02-03
2月2日の大雪ここ数日、各地の大雪が報じられていますが。。

京都府(北部寄り)も結構な降りっぷり。



自宅前面道路の雪かきで筋肉痛なMattyです ^^;




写真は2日の夜11時くらいにリビングの窓から撮った
隣地の駐車場。

どこまで駐車場でどこから道路なのか分かりませんね。



それでも今朝は晴れたので寝室の窓を開けようとしたら・・・






凍ってる!Σ( ̄ロ ̄lll)
       





窓がサッシごと凍っていて、どう頑張ってもスライドオープンできないのです。

室内からはベランダに吹き込んで積もった雪が見えて。。



ガラスは結露でびしょびしょだ---  

と思ったら、カッチコチに凍ってるし^^;

こんなこと、この家に移り住んでから初めてです。


南側の窓だっていうのに! 今朝は晴れて朝日が眩しいっていうのに!


びっくりして北側と東側の窓もチェックしてみたところ、こちらは大丈夫。

どうやら積もった雪でベランダの内側が冷凍庫状態になっちゃったのね。



とはいえ、この辺りの雪はまだまだたいしたことなかったようで。。


今朝Hittyが電話で話した方(福井県寄りの舞鶴市在住)によれば、

「軽く胸の高さくらいまで積もっていてとにかく凄い!珍しいから一度見に来てほしいくらいだ」

というお話。



さらに別の方(舞鶴市在住)は、

「自宅でテレビを見ていたら、ガラっと玄関が開く音に続いてトコトコ足音が聞こえたので・・・」

娘さんが帰ってきたのかと振り返ると、なんとそこに居たのは、





猿!Σ( ̄ロ ̄lll)



オーマイガッ Σ( ̄ロ ̄lll)





雪で食べ物が見つからないからって、住宅地までやって来て民家に入ったのでしょうか。
自治会からは 『玄関には鍵をかけるように』 との、お触れが出たそうです。


この雪じゃ、冬眠しない動物は苦労するよね。



さて、今日は穏やかに晴れているけど来週にはまた別の寒気団が襲って来るって?


これ以上降りませんように!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。