2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
去年の5月22日には、こーんなに元気だったアボカドン@Blue&Pinkですが。。



2015年5月22日のアボカドン



いつ頃からだったかな?


縁から茶色くなる葉が増えてきて・・・


新しい葉もどんどん出るんだけど、それもまたダメになって・・・


枝は剪定した切り口から10センチ以上黒くなって・・・


Blueの方は、枝どころか幹までどんどん黒く枯れてる部分が増えてきて・・・



今まで完全な常緑樹だったのに、この春は無残な姿に (ノД`)・゜・。


もしかして、なにかの病気かも?



この2本は種を発芽させてから10年以上経つと思うんだけど。。



ずっと元気だったから、 

完っ全に油断していました😨



もしかして、2008年のDiaryでも書いていた




炭疽病かもっ!?  Σ( ̄ロ ̄lll)






そして枝や幹まで枯れ込んできたBlueの方は枝枯病とか胴枯病も疑われ。。




緊急事態ですっ!




こんなに酷いことになっていたなんて。。。

なんで今まで気付かなかったんだろ。。(ノД`)・゜・。




と云う訳で、

緊急オペ、開始。





まず、剪定鋏と糸鋸をエタノールで念入りに消毒。

2016年6月2日の1




先から黒くなった枝は新芽が頭を出している部分より上でチョッキン!

そして切り口には、刷毛でお薬を塗って殺菌&傷の治りを早めます。


トップジンMペーストは、チューブ入りだから手を汚さずに塗れて便利。


今回は傷口に塗りたかったからペースト状のトップジンMを購入したけど、
散布用の水和剤も売ってました。


2016年6月2日の2






こちら、オペ直後のPinkです。

2016年6月2日の3

※土に刺さっているのは、HB-101の1000倍希釈活力液。




完全に丸坊主状態で春を迎えたものの、半信半疑っていうかダメモトで
500mlの水にHB-101を2滴落としたものを枝や幹にスプレーしてみたところ、
嘘みたいに新芽が噴出してきました。


ほんとに

枯れ木に花を咲かせましょ~♪

って感じに、花じゃないけど新芽が爆発して一気にここまで復活。



2016年6月2日の4






そして、Blueの方はというと。。

もう、幹までいっちゃってて。。かなり下のほうまで。。(ノД`)・゜・。




ほんとは切りたくないんだけど。。

病巣は全て、確実に取り除くべきだ。



ここまでバッサリいきました。

2016年6月2日の5




切り口にはオレンジ色のニクイ奴(←昭和的表現)、トップジンMをたっぷりと。

これで病巣は全て取り除けたはず。


残った枝からは、たくさんの新芽が頭を出しています。



2016年6月2日の6





病に蝕まれていない葉っぱは元気。

後は、新芽が成長して新しい枝が増えてくれば

   必ず復活できるっ



2016年6月2日の7


がんばれ! 

アボカドン@Pink&Blue!




スポンサーサイト

2008年の3月には、こ~んなに小さかった↓アボカドンですが。。。


2008年3月のアボカドン


その後どんどん大きくなり、あっという間にガーデンルームの天井に届いてしまったので、

毎年、3月末には170cmくらいまでバッサリ切っています。


すると、春の訪れとともに芽吹いた新芽が 
 

ぶわーーっ\(◎o◎)/
 っと、


嘘みたいなスピードで大きくなって、また天井まで生い茂るので夏にまた切ったり。


そんな、やる気満々 のアボカドンだけに気になるのは・・・



もう7年も植え替えてない足元です。



樹の大きさに対して、プランターが小さい。

小さいにも程があるっ


見た目のイメージとしては、


身長198cmの人が、19cmの靴を履いてるみたい。



足元が小さ過ぎるために強風で倒れること数回。




もう何年も前から、土の表面には細かい根がびっしりだった ^^;

ぎゅうぎゅう詰めで動けなくなった根っこが表面から溢れてきているという ^^;

とっくの昔に植え替え時が来てたことは知ってたんだけど ^^;

通気性のいい素焼きかなんかに植え替えてあげたいと思ってたんだけど ^^;


これ以上大きいサイズの素焼きや陶器なんて、重すぎて持てないっ!


という訳で、ネットでいろいろ見ていたら、いいもの見つけちゃった♪



BACSAC っていう柔らかいテキスタイルのプランター。

抜群の通気性で地植えのような環境をつくるって?

土壌を『呼吸』させるってことは、根腐れの心配もなくなるってこと?

軽くて丈夫で耐候性もあって、その上フランス生まれのおしゃれなルックス


カラーは数日間迷ってAVOCADOイエローに決めました。

今まで通り白っぽいのにしようかと思ったけど、安く売ってたお店で売り切れてた
ことと、アボカドンがアボカドイエローのプランターに入ってるのもいいんじゃない?
ってなわけで決定♪

安っぽいきみどりだったら嫌だから少し心配したけれど、届いてみたら
落ち着いたアボカドの果肉色で、とーーーってもステキ

朝、昼、夕方、夜・・・  光の加減によって色の印象が変わります。



丈夫で軽くてキレイな素材




では、さっそく植え替えを。

今までのプランター内はとにかく根っこがぎゅうぎゅうに詰まっているので、
ちょっとやそっとじゃ抜けやしません。


プランターと土の境目に細いノコギリをブスっと刺して、少しずつギコギコ。。。

なぜか一周切っただけでは抜けなくて、何周か切ってるうちに汗びっしょり ^^;

プランターの縁に足をかけて全力で根鉢を引っこ抜いた頃には、満身創痍です。

やっぱ、ノースリーブで作業したのがまずかったね。
いつの間にか肩とか腕とか傷だらけのランボー状態 ^^;

まぁね、それだけ苦労したら抜けた時の喜びもひとしおです。


植え替え中







50Lって、すごく大きいのね

直径27cmの9号プランターから

直径40cmのBACSACへ。




9号の方は足元が細くなってるけど、

BACSACは上から下まで

直径40cmの寸胴です。





入る土の量がハンパない。




14Lの土を2袋買ってあったんだけど全然足りないので、即行であと4袋買ってきた。

あと、培養土に混ぜ込むマグァンプも買い足し。


やっとの思いで植え替え完了したところに、うまいタイミングでHittyが帰宅したので

一緒にキャスター台の上に乗せてもらって、完成 ヽ(^。^)ノ


Pattyが小さく見えるなぁ ^m^

植え替え終了~♪
※写真は翌朝撮影しました。




私一人で持ち上げるのは無理だけど、キャスター台に乗っていれば動かせるので

向きや位置を変えたり、お掃除の時にも便利です。



そうそう!
このプランターはアウトドアタイプで水が滲み出すらしいので、受け皿が必要になるかと
15号以上のサイズを探してたんだけど・・・・



必要ありませんでした ヽ(^。^)ノ



植え替えてすぐ、かなりの分量の水を注いだけど下に流れ出たりはしなかった。

防水じゃないので、もちろんホースかなんかで大量に灌水すれば漏れるでしょうけど、
普通に水遣りしてる分には大丈夫みたい。


ガーデンルームのタイルに少しくらい水が滴り落ちてもどうってことないしね。



むしろ、受け皿に水が溜まってる方が困ります。

今までは受け皿を洗ったり、溜まった水を捨てたりするのが面倒だったんだよね。
 

BACSACは、
 アボカドンにも私にも優しい。



あぁ、なんて素晴らしいプランターなのかしら ヽ(^。^)ノ


お家の中には、水が漏れないインドアタイプも欲しくなっちゃう


Pattyの背景色にもぴったりね ^m^

記念撮影

突然変異? 2010-10-01
アボカド6本久しぶりに、アボカドンの話題です。


現在、大木になって春にはお花も咲き乱れる2本の他に、
4本の若木が元気に育っているんだけど。。。



そのうち1本に、異変が!

ん??   どうでしょ?????????

元気なんだけどね、なんだかね、葉っぱの色と質感が・・・


↓こんなんなっちゃいましたっ^^;

なぜ美白?

不思議です。  

春先までは普通のアボカドの葉っぱだったのに、突然一枝だけ黄緑の葉っぱになったと思ったら・・・

あれよあれよという間に、全身黄緑になっちゃった^^;


しつこいようですが、1本だけです。
ガーデンルームで育っている他の5本と全く同じ環境なのに。

ある日突然、1本だけが色白に。

こんなことは初めてです。 理由が全く分からない。


元気に冬を越せるのかな?  ・・・・な?んて心配もありますが、
リビングから眺めていると、明るい黄緑がとっても綺麗だったりして(*^。^*)

頑張れ!  Brightアボカドン!



今月21日、ついに開花したMattyのアボカドンですが。。


実はこのお花、とても変わった咲き方をするようです。



午前中に雌花が2?4時間咲き、一旦閉じてから・・・

翌日の午後に数時間、雄花として咲くらしい。


ちょっと、にわかには信じられない咲き方です。
同じ花が、1日目の午前中は♀モードで咲いて、翌日の午後には♂モードで咲くなんて。


ちなみにこの咲き方はタイプA。
1日目の午後に雌花、翌日午前に雄花が咲くのをタイプBと呼ぶそうです。


雌蕊モード?

うちで最初のお花は午前中に咲きました↓→



雌蕊モード










雌蕊モードですね。




雄蕊モード

そして、午後に咲いたのが、こちら→


同じ花なのに午前中とは全く違って見えます。
これが雄花モード(多分(^^ゞ)。


平均気温が21度以上に保たれていれば規則正しく咲く
らしいけれど・・・


まだ咲き始めだからか、急に気温が下がったからなのか、規則正しい開花は難しいようです。


そしてもっと難しいのが人工授粉。
雄花と雌花が同時に咲いてくれれば楽なのに??!





アボカドン剪定
一昨日はパキラの剪定について書きましたが、実は
パキラと同様、天井につかえていたアボカドンもバッサリ
切りました。


2010年3月21日のつぼみ2















もちろん、沢山の蕾は傷つけないように注意して。


2010年3月21日のつぼみ1






蕾も花茎も、だいぶしっかりしてきたし
記録用に写真を撮っておこうかな。


気軽に2?3枚撮るつもりだったんだけど。。





なんとっっ!  蕾を撮ってる間に・・・・






咲いた???! ヽ(^o^)丿


アボカドンの花
 

嬉しくてパシャパシャ撮ってるうちに、他のも咲き始めて・・・


咲き始めアボカドン


きゃ???ヽ(^o^)丿


アボカドンの花3


1?くらいの小さなグリーンのお花です。


アボカドンの花2


このアボカドンは2006年の春から水栽培を開始しました。
もうすぐ4年目にして、ついに開花!

次なる野望はもちろん結実に至らせることですが・・・

この種のアボカドが1本で結実するのは極めて稀だそうです。


でも、諦めませんっ

もう少し沢山のお花が咲きだしたら、人工授粉にトライするわ!