2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月20日に『恐怖のマダニ・再び』を書いてから

まだひと月も経たないというのに。。



『恐怖のマダニ・三度(みたび)』

を書くことになるなんてね。。

全く予想してなかったスパンの短さです(^^ゞ




ことの起こりは三日前

今思えば、あの時既に始まっていたんだなぁ。。(←遠い目)




三日前の夜、帰宅したHittyが何気なく言ったのです。



今日、山に行ったら

一緒にいた人にマダニが数匹付いてたんだよ

・・・って。



聞いた私は、そりゃもう驚いた(◎_◎;)

けど、Hittyには付かなかったし、その人も大丈夫だって話。


きっと・・・

マダニが皮膚に頭を埋め込む前に気付けたから良かったんだよね。


うんうん、私の時も発見が早かったから自分で取れたんだもんね。





それから数時間後の事です。

HittyがTシャツをめくって脇腹を見ながら




「こんなところにカサブタが・・・ なんでだろう?」


虫刺されの痕でも掻き壊したのかな?

って思った。





翌日、Hittyは一泊で出張に出かけ、帰ってきたのは昨夜遅く。

ここまでは何事もなく。。




なのに、さっき昼休みに帰宅した際、突然っ




あのカサブタはマダニだった

と言うのです。



つまりっ

三日前から、吸血し続けているとっ





えっ!? Σ( ̄ロ ̄lll)

なんでもっと早く言わないのーーー




出張先のホテルで夜、気付いたって?

なんで昨夜言わないのーーー




もう・・・ 、見てびっくりです ( ̄ロ ̄lll)。。


頭の部分がね、もう完全に、全部、がっちりと、

皮膚に埋め込まれているのです( ̄ロ ̄lll)。



分かりやすく言うとね。。


Hittyをターゲットに決めたマダニは、

その皮膚をちょっとずつ切開して。。

口だけじゃなく、頭まるごと肩まで入れて。。

セメントみたいなので己の頭をガッチリ固めて

ちょっとやそっとじゃ抜けないようにして。。



皮膚の上には、頭の無いマダニの
Bodyだけが逆立ちしているように
見える訳です。




もはや ホラー です。



色はグレー。

3日間も吸血している割には小さくて2mmちょいくらい?

前回廊下で見つけたマダニみたいに黒くもないし、パンパンでもない。

7年前のマダニみたいにプニプニのプランプラン。

でも7年前のよりちょっと小さい。




で、 動かない。。。


もしかして、死んでる?

頭埋め込んだまま、死んでる!?




 Σ( ̄ロ ̄lll)





っていうか、早く取らなきゃっっ





手は尽くしました。





ディート12%配合のマダニに効くスキンベープミスト
噴射してから楊枝でつんつん虐めたり・・・

エタノール攻めにして、マダニ自ら頭を抜くように仕向けたけど。。。


頭を埋め込んでから3日目ともなるとね、

もう 無理


頭を引き千切らずして取り除くことなど不可能です。




これ以上刺激するのは大変危険




一刻も早く病院で取ってもらわなきゃっ



病院は当日のネット予約を受け付けていなかったので、

電話して午後一に予約。




そして先程の、HittyからのLINE報告によれば、



麻酔をかけて、
皮膚の一部と一緒に
切り取ってもらった。



思った通り、手術しなきゃ安全に取れなかったわけですね。


こわいこわいこわい。。。。。。。



マダニに喰いつかれてから24時間以上経つと
ウイルスに感染する確率がUPするって記事を
どこかで読んだし、病院でも

「熱が出たら、すぐ来て下さい」

って言われたそうなので2週間くらいの潜伏期間を
過ぎるまでは不安だけど。。

 


とにかく、

1.無理に引き剥がしてはいない。

2.確実に、頭ごと取り除いてもらった。



この2点を安心材料としましょう。




傷口そのものは小さくて、今夜からお風呂もOK。

麻酔の注射でチクっとする以外は痛くもなかったって。



運悪くマダニに喰い付かれちゃったら、病院で取ってもらうのが安心ですね。

ちなみに、手術だけで475点でした。
あと、初診料282点と投薬68点+薬局で115点。

処方された薬はリンデロンVG軟膏です。

病院2,480円+薬局350円で、
マダニ除去に掛かった金額は2,830円。





それにしても。。


7年前のマダニにはMattyが、そして先月のマダニには、おそらくPattyが被害に会っている。

そして今回、病院で手術を受けるまでに至ったHitty。


マダニへの恐怖は増すばかりです。


だって、マダニにかまれて発症する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
には治療薬がないんだって。

だから致死率が高くなる。



とにかく、噛まれないようにしなきゃっ

Matty&Pattyが山や草むらに行くことは滅多にないんだけど、
5月20日のようなことも、ごくごく稀にあるわけで。。



***山に行く時のお約束***


1.Pattyにフロントラインプラスを滴下する。

2.ディート12%以上配合の虫よけミストを浴びる。

3.帰りの車に乗る前にマダニが付いていないかチェック。

4.帰宅後も全身チェック。


以上、徹底したいと思います。



スポンサーサイト

大晦日です。



IKEAでのんびりお買いものしてたら、あっという間にランチの予約時間が迫ってきました。

2015年最後のランチは『Café de Paris』にて。



泊まっている北の坂ホテルに駐車してから徒歩数分、パラソルが目印です。

パラソルが目印






まさに、Café de Paris.

店内でテキパキと働いているのはフランス人(もしくは、そう見える)ギャルソンばかり!

フランス語で注文したくなります。

サインがいっぱい






“Paris Lunch”をオーダー。

ここは奮発して、本物のシャンパンで乾杯♪

そしてオードブル盛り合わせ。

オードブル






本日のスープはパンプキンでした。

パンプキンポタージュ





ワインはいつものコート・デュ・ローヌ。

コート・デュ・ローヌ






Hittyオーダーのステーキ。。。

普通のナイフとは別に、ものすごく切れ味のよさそうなギザギザナイフが付いてきましたよ^m^

ステーキ






柔らか好みのMattyは“本日の肉料理”にしてよかったぁ (*^。^*)

じっくり煮込まれてておいしいーー

牛肉煮込み






メインが終わってもまだワインが残ってたので、フロマージュも追加オーダー。


昼間っから堂々とボトルワイン


って、パリじゃ普通だけど日本では遠慮しがち。。

でも、年末年始ならへっちゃらさっ ヽ(^。^)ノ

フロマージュ






そしてデザート。

デザート






お食事が終わると、オーナーのEmanuelさんが写真を撮ってくれました。


お願いしたわけじゃないんだけど。。

私達や店内写真はもちろん、ギャルソンたちと一緒に♪ とか、外に出てからも

もう、あちこちでバンバン撮ってくれます ^m^


写真を撮ってもらえます

あー、楽しかった(*^。^*)






夜はお出かけせず、ホテルで過ごすことに。

ホテル1階のCandyならPattyも一緒にお食事できます。

Pattyも一緒






Matty側から見えるモニターには紅白が、Hittyから見えるモニターには格闘技が映ってました^m^

Candyのオードブル盛り合わせ

美味しいお料理を満喫。

そして今年も除夜の鐘。。。




ガーデンルームがグリーンばっかりになってきたので、彩を買ってきました。


蕾がいっぱいついて、もう暫く楽しめそうな サザンクロスと。。。

サザンクロス




冬の定番 シクラメン 。

IMG_0824-1.jpg

春まで頑張ってくれるかな?



『東京帰省で食べまくり2』 の続きです。


夜は、Hittyと クマさんマークのイタリアン 『ダノイ高輪』 でMattyのお誕生日ディナー。


シェフにおまかせコースを予約してありました。




テーブルのお花がかわいい♪


テーブルのお花が可愛い♪



コースとは別にオーダーしたスパークリングワインがでてから本日のおまかせコースの
説明があったんだけど・・・


なかなかコースが始まらない。

「遅いな」 ってHittyがイライラしはじめたので困ってたら、ちゃんと理由がありました。

団体さんがはいっちゃったんだって。
お料理を出すタイミングが悪くなるお詫びにって、チーズをサービスしていただきました。
(写真は撮り忘れました(^^ゞ)

説明していただけたのでHittyも納得。 気長にゆっくりお食事することに。




アスパラのスープとフリットはやさしいお味(*^。^*)


アスパラのスープ&フリット





帆立のタルタル☆キャビア添え☆そら豆のソースはとっても涼しげで綺麗な一皿。

こういうの好きです。


帆立のタルタル☆キャビア添え☆そら豆ソース





季節のサマートリュフのタリアテッレは、とーーーっても美味しかった♪

ウエイターさん曰く、一度作ったものにシェフのOKが出なかったので作り直したそうです。


「トリュフといえば白トリュフが一番だよね」 なんて話もしたんだけど、あれって
1個50万円もするんですって!? 

それって、お店の仕入れ値???

以前ウエイターさんがいたお店では白トリュフもだしていたけど、こちらではだしていないそうです。

でも本日のサマートリュフ、とってもいい香り♪


サマートリュフのタリアテッレ






白ワインはサービスです






またまたお待たせしたお詫びにと、

次のお魚料理の為の白ワインを

サービスしていただいちゃった♪














お魚のお皿は、ピンクペッパーが目にも舌にもいいアクセントに。

ウニは表面を炙ってあります。


真鯛のロースト☆ウニのソース






レモンを絞って香草と共にいただくお肉はとってもジューシーで、このサイズでも十分満足♪

和牛のロースト塩レモンとイタリアンパセリのソース






デザート盛り合わせ




デザートも、どれも美味しかった♪






右下に写ってるグリーンのクリームは

めっちゃピスタチオ☆







あぁ、今日も美味しい1日だった。

ごちそうさまでした☆




『拝啓 雲の上より』 に続く。


『東京帰省で食べまくり1』 の続きです。


一緒に品プリチェックインしたHitty&Mattyですが、夜はそれぞれのお友達とのアポへGO!

Hitty は18:00に新宿なので、 16:00六本木待ち合わせのMattyが先に出発♪


Ettyと会えるのは1年ぶりでわくわくっ (*^。^*)

しかも今回予約したのは フォアグラバル 『asile Jaune』 だから余計テンションあがります^m^


東京ミッドタウンクイニーアマンなどいただきながらおしゃべり&ブレークしてから
芋洗坂をぷーらぷら歩いて、TSUTAYAなんかも覗きつつ麻布十番のお店へ。


  『asile Jaune』 には予約していた18:00よりも早く到着しちゃったけど、感じのいいお店の方が
快くお席に案内してくださいました。

フォアグラというセレブな食材がメインのお店でありながら、 “バル” なのでとてもカジュアル。

お値段もカジュアルなところがまた、ステキに私達好み (*^。^*)







フォアグラのクレームブリュレ


ワインとともに最初にオーダーしたのはこちら

『フォアグラのクレームブリュレ』



表面はデザートのクレームブリュレみたいに

キャラメリゼされているけど、デザートじゃなく

アントレです。



表面をパリッと割ったら、とても滑らかな・・・・

うーん、なんて言ったら伝わるかな・・・

フォアグラのテリーヌと甘くないプリンを合わせた感じ?  美味しいです(*^。^*)




フォアグラのサラダ



そして

『フォアグラのはじっこサラダ』


サラダのトッピングがフォアグラだなんて・・・


し・あ・わ・せ (*^。^*)








フォアグラ100%の濃厚テリーヌ


つづいて


『フォアグラ100%の
    濃厚テリーヌ』








濃厚なテリーヌをいただいたところで

私達が必ず思い出すのは・・・











**********以下☆パリの思い出**********


パリの COMPTOIR DE LA GASTRONOMIE でいただいた、

『フォアグラのカルパッチョ』

大きなお皿いっぱいに大量に盛られてくるので、Ettyと二人でシェアしたんだっけ。。

あれ、美味しかったなぁ。。。  あのとろける食感。。。 (←久しぶりに遠い目)




フォアグラのカルパッチョ

※こちらの写真↑は、パリのCOMPTOIR DE LA GASTRONOMIEで撮影したものであり、
 asile Jauneさんのメニューではありません。念のため。



**********パリの思い出☆以上**********







そして本日のメインは


『フォアグラ×アワビ×トリュフソース』


大好きな フォアグラ アワビ トリュフ がひとつのお皿に・・・・・ 
 



美味でございますぅぅぅ ヽ(^。^)ノ(←懐かしいフレーズ)


フォアグラ×アワビ×トリュフソース


いやぁ、どれもとても美味しゅうございました。




お会計はいつものように割り勘で・・・     と思ったらっっ


「今日はMattyのお誕生会だから」 って、Ettyが御馳走してくれちゃいました \(◎o◎)/!

ホントの誕生日は4日後なんだけど、スケジュール的に今日しか会えなかったから
今夜は2人でお誕生日ディナーする約束だったのです。

2日前にはプレゼントも送ってくれて。。

Ettyほんとにほんとにありがとーーーーー☆




・・・・・と、〆たみたいになっちゃってるけど、まだまだ夜は終わりません。




2軒目行ってみよう!




麻布十番の駅方面に歩いていて目についたイタリアの国旗。

これまたちょうどいい感じの小さなカジュアルイタリアンをみつけちゃった私達です。


2件目ではカプレーゼをつまみにワインをあけて、止め処もないおしゃべりを。。。



で、時間があっという間に飛んでいきました。

8時30分から11時30分までの3時間を、30分くらいに感じた。

いや、3分くらいで過ぎちゃったんじゃないかな? ってくらい。


楽しい時間って、本当に瞬く間に過ぎてしまう。

あぁ、時間が足りなかった。 ぜんぜんしゃべり足りないっっ


大江戸線のホームで分かれてからも、1時近くまでLINEし続ける私達でした。



『東京帰省で食べまくり2』 に続く。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。