2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03
旅支度2 2018-01-31
明日の朝、

Pattyを送りだします。 

 明日になって慌てないよう
準備を進めました。 

 お骨を収める容器とお箸は
持参することになっています。

綺麗な陶器を用意したけど・・・
サイズが。。 どうかな?

念のため、大き目の容器も準備。


昨日ボンド付けしたハウスはそろそろ
強力に接着されているはずです。


でもね、

ちょっと思い出しました。


人間の時も金属はダメって言われるけど、釘は?
収骨の時、大きな磁石で釘を集めてなかった?

もしかしたら、細いネジだけなら大丈夫かも?

明日、行ってから実物を見せて訊いてみて、
もしダメならその場で外せばいいね。

大きな金具は昨日外したし、ネジだけなら
2人で外せばすぐだしね。

そんな訳で、ドライバーを2本持参します。



いつもお正月に着せていた、この↓ワンピも

お正月用ワンピ

一緒に入れてあげようか迷ったけど、


やっぱり、
このワンピは手元に残しておきたいな。。



このワンピを作った時・・・


型紙も無ければ作り方も自己流で、

直接PattyのBodyに布を巻き付けながら

思いつくままのデザインを形にしていった。


このワンピの手触りは、これを着ていた

Pattyのぬくもり そのものなのです。

だから、手元に残したい。


代わりに、Pattyには当時一緒に作った
ピンクのワンピを持たせることにしました。


そして、大好きだったチーズのおやつは
ペーパーで包んでリボンを結んで、
お弁当にして持たせます。


「虹の橋の袂に着いた時、他の子に分けて
あげたら、すぐにお友達になれるね」

ってHittyに言ったら、

「Pattyは性格がいいから、お友達に
全部あげちゃうよ」


確かにそうだわ。

よく言っとかなくちゃ。


「Pattyちゃん、いいですか?
自分で食べて、お腹いっぱいになったら
お友達に分けてあげるのよ。 わかった?」


これで、よし。 っと。。





※しばらくはblogが書けるような心境ではなかったので
 この日記は数週間後に書いています。
スポンサーサイト

旅支度1 2018-01-30
家中、どこを見てもPattyの面影が浮かび、

Pattyの声や、水を飲む音が聞こえます。


その度、涙があふれて止まらない。。




でも、泣いてばかりもいられません。


Pattyが虹の橋の袂に行った時、

困らないように準備してあげなくちゃ。


一緒に火葬できるものとできないもの、
Hittyが施設に問い合わせてくれました。


施設ごとに若干異なるようだけど、
予約した所では


金属はダメ。

金属が付いていないお洋服やおやつはOK。

木製のハウスはサイズを訊かれましたが
Pattyのは小さい(374mm×494mm×462mm)
ので、大丈夫でした。

ハウスについている金具はダメなので、
屋根の蝶番と留め具を外して、
本体のネジも外したら・・・

なんと、

ボンドで貼ったと思っていたのに、
ネジだけで組み立てられていました。


ネジを外したらバラバラに。。


でもまだ、間に合います。


ボンドを塗ってネジを締め直せば
24時間後には強力に接着されるはず。


15年前に私が作ったハウスです。
15年後にボンド付けするとは思わなかった。

ハウス

でも、きちんと作り直してあげなくちゃ。


Pattyはこのハウスに入ったまま
旅立つのです。


気が小さいPattyのことだもの、
虹の橋の袂に着いた時、安心できる
ハウスがあった方がいいよね。



明後日の朝、再び
このハウスにPattyを寝かせます。





※しばらくblogが書けるような心境ではなかったので
 この日記は数週間後に書いています。


昨日から、ずっと泣いています。



Hittyが、火葬の予約をしてくれました。



混んでいるそうで、最短で2月1日。



5日目・・・ 大丈夫かな?


「連れてきて頂ければ冷蔵庫で保管します」


と言われたそうだけど、

Pattyを冷蔵庫になんか入れたくありません。



ぎりぎりまで一緒にいたい。



なるべく涼しくしないといけないので、

夜はリビングの私達が見えるように
ガーデンルームに。

昼のガーデンルームは暖かくなるので、
日中は北側のサンルームに寝かせました。


夜は、ずっとリビングから見えているし、

日中は、キッチンのドアを開ければ会えます。


あと3日間、いつでも話しかけられる。


Pattyは今、 

いつものように 一緒に います。




※しばらくはblogが書けるような心境ではなかったので
 この日記は数週間後に書いています。



真冬の朝に 2018-01-28
昨日の続きです。


昨夜、Pattyは

何度も私を呼びました。



ハウスで眠っていると思っていたら、

突然、小さく か細い声で

 「あぅ!」



どうしたの?

眠れないの?


抱っこして、ブドウ糖を飲ませると

少しだけ飲んだ。


その後、私はお風呂に入り、
明日、日曜出勤で朝早いHittyは就寝。。

の、はずだったのに、

私がお風呂から上がっても、まだリビングに。


Pattyを抱っこしているのです。


2階に行こうとしたら、

Pattyが呼ぶから

抱っこしながら私を待ってたって。



珍しいね。。

Patty、なにか伝えたいの?



今夜は私のベッドに連れて行こうかな。。

でも、ベッドから落ちたら危険だし

寝返りでつぶしちゃいそうだし。。

なにより、Pattyは普段と違う場所では
落ち着いて眠れない。


抱っこしながらしばらく悩んだけど、


結局、

Pattyが一番安心できるハウスに寝かせ、

「大丈夫だよ、ゆっくりおやすみ
また 明日ね」


と声をかけながら頭を撫でた。





そして、今朝。


階段を降り

リビングのドアを開け

いつものようにPattyに声を掛けた時、



顔を見て

まさか・・・!?

と思いました。


でも信じられなくて
認めたくなくて


HittyにもPattyの様子を訊いてみたけど
大丈夫そうだったし


普通に会社に送り出して、

でも、 でもでも。。。。


絶対おかしい。


いつものように、薄目を開けて眠っている。

でも。。


そっと抱き上げると、

いつもみたいにふわふわで温かい。


温かいけど、

ヒーターの熱で温かいけど。。




虹の橋に
旅立っていました。





Pattyを抱きしめウロウロしながら、

なんだか体がフワフワしてきて。。

すーっと血の気が引くような感覚。


ソファに ストン と落ちて、

そして、さっき送り出したばかりの
HittyにLINE。


すぐに帰ってきてくれました。




ずっと、 ずーーっと、

そのままPattyを

抱きしめていたかったけど。。




そういうわけにもいきません。

部屋の中は暖か過ぎるよね。



今日のガーデンルームなら、
屋根には厚い雪が積もっています。

日光が入らなければ温度が
上がり過ぎることもないでしょう。


ガーデンルームの椅子にPattyを寝かせ、
毛布を掛けて、たまごちゃんとPuttyを横に、
大好きなチーズを盛った小皿を口元に。

リビングに居る私達が見えるように。






※しばらくはblogが書けるような心境ではなかったので
 この日記は数週間後に書いています。


起きたら、(5:30am)・・・




外は雪国でした。




起きたら大雪

っていうか、一昨日から雪国なんだけど、
今日は特別すごかった!



一晩で40㎝くらい積もった?

40㎝くらい積もった?

車、埋まってるし ^^;


Hittyは昨日から仕事で大阪へ。。

この大雪、私一人でなんとかしなきゃいけません。


とりあえず、家の前を通る人の為に、
一人通れる幅だけ雪かきして・・・

↑ここまでは地域のお約束。


大変な力仕事は、その後です。


車上の雪を下し、さらにそれを庭に積み上げ、

自宅前の道路は家と反対側に寄せて積んで。。



結構な雪量です。



もっと凄い豪雪地帯の方には笑われるかも?

でも、私には かなりの重労働。


途中、何度も くじけそうに。。

でも、お昼にはHittyが帰ってくるから

駅までお迎えに行かなくちゃ。

それまでに、なんとかこの豪雪をっっ 


・・・っと、一応張り切ってはみたものの、


Pattyが心配です。


体調を崩して4日目。

実はずっと心配。 寝てても心配。



ちょっと雪かきしては、戻ってPattyを抱っこ。

また外に出て雪かき。

そして戻ってPattyを抱っこ。




眠ってるPattyを抱っこする訳じゃなくて、
私が部屋に戻ると、Pattyが必死に
頑張って、こっちに来ようとするのです。

具合悪いのに。

無理しなくていいのに。。



何も食べようとしないので、
ピペットでブドウ糖水を飲ませて。。

元気になぁれ


早く元気になぁれ。